整体学校 | カイロプラクティック学校 | リフレクソロジースクール | 学校・スクール・カレッジ |【HPC東京 ハンズプラクティスカレッジ】

カイロプラクティック 学校 整体
指導/臨床・経験豊富なHPCインストラクター(在勤10年以上)

仲井 康二 D.C.,C.C.S.P. (米国政府公認 カイロプラクティック フィジシャン【医師】) Sports Dr.
カイロプラクティック 仲井 康二先生アメリカのカイロプラクティック大学を卒業後、4年ほどロスアンゼルスのクリニックでの研修後に帰国して、早20年を迎えました。今までに学んだ臨床経験や新たに解明した科学性のあるカイロプラクティックを皆さんにご紹介し、指導を致しております。
なぜ身体が歪むのか?なぜ歪みを治すことで健康が得られるのか?皆さんも疑問に思うことがあるでしょう。カイロプラクティック治療が何故有効となるのか?と疑問を抱いている方も沢山いらっしゃるでしょう。その理由・原因を追求し、これまで臨床を通して判明したお話しを交え皆さんにお伝えしています。

カイロプラクティックは50%が科学、50%はアートだと云われます。そのどちらも偏ってはカイロプラクティックは成立することは出来ないのです。
カイロプラクティックを医術として、ご卒業後も共に分かち合えることを念頭にご指導しています。

Michael Prechard D.C. (米国政府公認 カイロプラクティック フィジシャン) Since 2001
カイロプラクティック Michael Prechard先生Hello everyone!
カイロプラクティックは、私の出身地テキサスでも2つの大学があり、とてもポピュラーな治療法です。一般的な疾患から、スポーツ障害、美容矯正まで幅広く活用され、アメリカの国民に於いて知らない人は皆無です。私がHPC(日本)に来てから、早13年の歳月が経過しました。その間、多くの学生と接触した中で感じたことは、当校に入学される殆どの人が目的意識をしっかりと持っており、将来への目標実現のため努力する姿勢があることです。

カイロプラクティックに付随するテクニックや検査法を学ぶことに加え、患者心理や治療哲学を徹底して教えるこのカレッジは、将来の夢実現へ近づくことのできる早道ではないかと思います。 皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。 See you soon !

原田 悟司 D.C. (米国政府公認 カイロプラクティック フィジシャン)
カイロプラクティック 山内 敏之先生カイロプラクティックには“原因があって結果がある”
哲学が存在し、これらを十分に理解できているか否かによって、治療方針も大きく変わってくる様に思います。
私たちはカイロプラクティックを正しく認識して貰うため、この哲学にこだわりここで学ぶ学生がカイロプラクティックを愛し、将来に備えてもらう為の指導には、努力を惜しまず個々の持つ力を引き出せるよう応援しています。

毎年、当カレッジには全国から入学されますが卒業生がHPCに来て良かったという声を聴く度、人材を育てる喜びと共に卒業後、皆さん元気な姿でもどって来る日を励みに日々の指導に取り組んでいます。

古田 朋子講師 (SOTO公認 カイロプラクター&HPCインストラクター)
カイロプラクティックに体格や力はいりません。
実際、私は女性の中でも小柄ながら、大柄な男性への矯正、治療に日々あたっています。

どこに触れているか、正常か、異常か、原因はどこにあるのか。その判断に必要なものは医学的な知識と触診技術、感覚につきます。そして…人を思いやる「心」だと思います。

私の授業ではそれらを着実にステップアップできる様、ご指導致しますので是非一緒に頑張りましょう!

二宮 唯晃講師 (CPAJ公認 カイロプラクティック フィジシャン&インストラクター)
十数年の整形外科勤務を経て、たくさんの疾患患者と対面してきました。
それらの経験を踏まえ、如何にそれら疾患に対してカイロプラクティックを施すかを吟味し指導しています。 実際の臨床現場で起きるトラブルの想定から、癌・生活習慣病の初期症状まで網羅し、患者さんの身体を預かる治療哲学を通し、治療計画~カウンセリング法に至るまでの行程をスムーズに行うためのプロセスを重要視したプログラムです。私の授業では、関節運動学とリハビリテーション、スポーツ整体PNFを主にご指導しています。

HPCでは、2年次に卒業生(開業)の協力による訪問視察研修を行い、現場に於ける臨床と卒業生の生の声による開業プロセスを学び授業にてシュミレーションを行っています。       
病院における一般的治療法からリハビリテーション、カイロプラクティック的アプローチまでを卒業後、現場に於いて困らない様、わかり易い解説を心掛けています。
     
伊藤 友二講師 (理事)(AACP公認 カイロプラクティック フィジシャン&インストラクター)
カイロプラクティック 伊藤 友二講師当カレッジ創立に加わり、1995年より理事として整体理論と筋弛緩法マニピュレーションを担当しています。カイロプラクティック施術の前に筋肉をほぐす技術です。

まず、抵抗無く身体に触ることに慣れてもらう目的と私の長年の経験から得た知識による臨床上に対応できる整体術を実際の症状にあわて技術習得してもらいます。私たちの仕事は、技術のみに捉われず人格が要求されます。縁あって当校に入学された方々には、治療者としてのマナーから「人としての優しさ」を身に着けて貰える様、指導に当たっています。

わがHPCにおいて、多くの臨床家カイロプラクター輩出できる喜びと周囲の人々から感謝され、自己の存在価値を高めることのできる人材育成を主眼としています。
多くの卒業生が喜びを携え、訪ねてくれる事は指導者にとり、とても嬉しく尊いことです。

安保 貴博講師  (CPAJ公認 カイロプラクティック フィジシャン&インストラクター)
カイロプラクティック 安保 貴博講師解剖生理学・病理学担当しております安保です。解剖というと一般的に難しい学問と思われますが、実は簡単に理解して貰うための覚え方が幾つもあります。私の経験上、基礎医学のしっかりした土台を築いていれば、治療方法は何であれ、対処がスムーズに行えます。

これまでの臨床経験を踏まえ、独自のオリジナルテキストによって、わかり易く理解してもらえるよう授業を進めています。
民間治療に於いて身体を預かる上で人間の構造や働きを知ることは不可欠です。

各種検査をはじめ、テクニックを施す上で解剖生理学を理解できている人と分からない人とでは、長い年月において施術力や能力に大きく差が開いてくるといっても言い過ぎではないように思います。
学ぶ皆さんが興味深い実際の症例を毎週取り入れ、実りある時間となるよう指導していますので、是非一緒に勉強しましょう。 
田中 輝夫講師  (AACP公認 カイロプラクティック フィジシャン&インストラクター)
HPCを卒業後、整形外科勤務を経て横浜にて独立開業を致しました。

全く異なる分野にて仕事をしていた私がカイロプラクティックと出会い現在の仕事として、人生設計が叶ったことは大きな転機となりました。
グラントDCのCBPカイロセンターの研修生として働き、整形外科勤務と共にDCアシスタントととして研讃を重ね開業に至りました。多種の療法がある中、カイロプラクティックしか解決できないであろう内容が存在することに開眼しました。
HPCの着実に身につくステップアップ分習法は日本国内では独自の学習法であり、必ず将来へと結びついていきます。 人に喜んでもらえる生涯の技術を身につけた事は、現在では生活の糧となり これまでの 経験(入学~独立開業まで)を詳細に伝えることは、HPC東京で育った私の役目でもあると考え、学生の立場や目線に立ちアドバイスできる様、また学校との懸け橋となる役目を担い、ご指導に当たっています。
仲野 幸夫講師  (AACP公認 カイロプラクティック フィジシャン&インストラクター)
カイロプラクティック 仲野 幸夫講師 ハンズ プラクティスカレッジ創立1995年入学し、2年後の卒業後からアシスタントを経て、長年に渡り勤務させていただいております。
この間には、アメリカからDC講師が定期的に講義のため来日されていた頃から、常勤でGrant講師が約15年前に来られ様々なことが時間とともに経過しました。
現在のHPCは、カレッジポリシーにもある“Makes Practice Perfect!”「習うより、慣れろ!」という言葉通り、優秀な講師陣も揃い授業プログラムも完成した理想的な指導ができているのではないかと思います。
これからも多くの後輩育成に喜びを感じ、邁進して参りたく思います。

富田 よしたか講師 (CPAJ公認 カイロプラクティック フィジシャン&インストラクター)
本学で教鞭を執られている仲井ドクターのもとアシスタントとして、長年指導を行って参りました。 鍼灸・カイロプラクティック・整体を併せた療法にて慢性疾患への対応を行っています。 ここで学ばれる方にカイロプラクティックの素晴しさをお伝えできればと思っています。
 
わたし自身が初心者であった頃に抱いた疑問を少しでも分かりやすく解説し、簡単に理解して貰えるよう工夫した授業を行います。実践を踏まえた内容です。






役員紹介

宮島 賢也 顧問 ("薬を使わない精神科医"として国内外で活躍) 「Y.S心のクリニック」院長
「心と身体」は表裏一体と考えており、生活環境により一方のバランスが崩れる様に思います。ストレスがたまると「苦しいよ」という「サイン」が症状として表れてきます。ストレスを放置していると更に大きな「病気」になっていきます。カイロプラクティックは、“薬を使わず身体を健康に導く療法”という点では、“薬は病気を治しておらず、症状を麻痺させているだけ”と考えられ、自然治癒を促し健康改善をはかるカイロプラクティックは共感できる療法です。
 
薬は病気を管理しており、治しているのは患者さん自身の治癒力です。その治癒力が円滑に働くようにお手伝いすることで、健やかな人生を過ごして貰えるようにと考えており、学生の皆さんに伝えたく思っています。
HPCで“心と身体の両面からアプローチ”できるカイロプラクターを目指して下さい。
私のクラスでお会い致しましょう。


Paul Smith D.C.(AACP会長)カイロプラクティック ポールG.スミス講師

欧米をはじめ日本を含める先進諸国では、近代化に伴ない脊椎動物としての本来の動物的機能をフルに使うことのない空間移動動物へと移行しています。世界でも群を抜き長寿国日本では高齢化が進み各種産業では、人力が減少する中、コンピューターや機械などに頼らざるを得ない時代へと変遷をたどっています。
アメリカも同様ですが、それらのケースでは当然デスクワークも増え姿勢の悪さが腰に負担をかけ、老若男女間わず腰痛・肩凝りなどを訴える人々がこれまで以上に増えてきています。

 近代のカイロプラクティックは、20世紀に入りめざましく発展してまいりました。現在では、一般患者のニーズに答えるため、豊富な知識と確かな技術を提供する必然性が求められています。

質と独自性が求められるマーケットとなる中、私たちAACPは米国カイロ医師の資質向上と日進月歩の医療研究開発に日々取り組んでいます。背骨と神経のスペシャリストとして、人々の健康管理を行う人になるためには、わがAACPの認定するハンズ・プラクティス・カレッジにて確かな技術(独自性)と資質を身に付けられ、将来私達の仲間として自立されることを願っています。

ポールランス トーマス D.C.,C.C.S.P.顧問
カイロプラクティック ポールランス トーマス顧問
   専門:カイロプラクティックスポーツ医学
1968年  毎期オリンビックアスリートの治療に当たる
   ロサンゼルスにて映画スターやパワーリフティング
   ボディビルディングチャンピオン願間医師
   カリフォルニア州公認メディカルセミナー講師に任命
   A.A.C.P.にてドクターへのM.U.A.技術指導
1995年  H.P.C.顧問就任
1996年  オリンピック出場ランナーのメディカルトレーナー
   以降もプロアマスポーツ選手のコンディショニング活動
   A.A.C.P.会員兼講師全米M.U.A協会役員
   アメリカスポーツ医学会会員
   アメリカカイロプラクティツク協会会員
   国際スポーツサイエンス協会会員
                                                                                





HPC東京ハンズプラクティスカレッジ
東京都新宿区新宿1-5-12 TEL:03-5312-6066
カイロプラクティック 学校 美容矯正